県営養老公園

養老公園(みたいろうこうえん)は、岐阜県内養老郡養老街における岐阜県営の公園で、名瀑「養老の滝」を中心とした養老山麓に行き渡る東西約1,800m、南北約600m、総面積786,000平方メートルの大都市公園だ。
公園内には養老の滝をはじめ、養老将来反転事や岐阜県内こどもの国など、自然とアート・プールを備えた、大きい階級の方にお楽しみいただける県民の憩いの公園となっています。

養老公園は飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれていらっしゃる。

養老地下鉄養老駅舎から、高さ30m幅員4mの名瀑・養老の滝までは約40分の道筋で、通り概観がモミジや楓、イチョウなどの紅葉で彩られ、そのグラデーションは非常に見事です。

記念賜物店先を過ぎた程からは、モミジを中心とした紅葉のトンネルとなります。
養老の滝付近は、巨大な岩や巨木が多く、紅葉も素晴らしいです。
滝へと貫く滝谷沿いはお店も並び、食べ歩き回りしながら紅葉を楽しむことができます。

養老の滝は、その従前、滝の水が酒に変わったという孝行三男のウワサ「孝子資産丞瞬間」の昔話を秘めていらっしゃる。

養老の滝を中心に、ウォーキング路が整備されていますので、季節ごとに達するコントラストを楽しむことができます。

紅葉の見ごろは、年々11月中旬から12月上旬だ。

なお、2015時代7月収14太陽(火)によって、養老公園はペット(愛犬)ものの来園が可能となっていますが、連込みご法度辺り等々ありますので、公園活用原則によって、ペットも一緒にみんなで面白く紅葉狩りに行きましょう。ミュゼ錦糸町の最新高速脱毛で時間がなくても美肌脱毛